アサラトボランティア

先日初めてのボランティアさんが来てくださいました。

 

アサラト振りの山中さんです

 

 

アサラトってあまり聞きなれない名前ですよね。

 

アサラトは、マラカスの一種で、西アフリカ原産の木の実を使ってできている楽器だそうです。

 

木の実の中に草の実が入っていて、振ると暖かみのある自然で優しい音がします

 

 

見慣れない楽器に入所者の皆様も興味深々でした

 

山中さんの演奏に合わせてアサラトを鳴らしたり、それぞれ好きなように振ってみたりと、皆様思い思いに楽しんでいました

 

握ったり、手を振ったりすることで運動になるし、楽器なので音楽療法としての効果もあり

認知症や介護予防にももってこいですね!

 

 

アサラトの他にも太鼓などの打楽器も披露して下さいました

 

 

音楽というといつも、演歌、昭和歌謡、童謡などが多かったので、とても新鮮で楽しかったです。歌が苦手でいつも見ているだけの方も、楽しそうに参加されていました

 

山中さんは普段は道の駅などでアサラトなどの楽器の移動販売や演奏をされているそうです。皆様も機会があればぜひご利用下さいm(__)m

 

入居者の皆様にもとても好評でした!また機会があればお願いしたいと思います♪